場所(ブース位置)が不利な時の対処法

展示会のブース位置は非常に重要

場所が不利な場合はどうすれば良いの?

 

  • 「注目合戦」は場所取りから始まっている
  • 集客に有利な場所とは?
  • 不利な場所になったとき、どうすれば良いの?

 

第3回目は、展示ブースの場所が思い通りにいかなかった場合について。

出展応募は、人気の展示会になると、1年前から始まります。

1年後の予定を立てる・・簡単なことではありません。

 

急遽展示会に出展が決まった!なんてことも良くあることです。

そんな時、場所が微妙だなあ・・と悩むこともあるのでは?

 

場所が悪くても、良い結果をだすことは可能です!

 

不利な場所になったとき、どうすれば良いの?

 

うーん、どうしよう・・と悩んだときは、とにかく基本に戻ります!

 

展示会集客=目の前を通る人の数×注目度

 

この方程式で考えた場合、「目の前を通る人の数」はあきらめるしかありません。

これは、場所である程度決まるものです。

コントロールできない部分です。

 

では、どこがコントロールできるのでしょうか?

そうです!「注目度」です!

 

いくら場所が良くても・・

 

もう一度上の方程式を見て下さい。

これ「掛け算」です。

 

確かに場所が良ければ有利です。

ですから、場所取りは非常に重要!

 

しかし、いくら場所が良くて、ブースの前を通る人が多くても、「注目度」が低ければ・・

思い描いた結果には繋がりません。

 

「注目度」を上げるには?

 

場所が不利で注目度を上げる一つの方法を紹介します。

それは、呼び込みです。

正しい呼び込みのやり方をすれば、例えば場所が悪くてもある程度の成果を上げることができます。

是非下記の記事を参考にしてみて下さい!

 

【当社ご支援事例】正しい呼び込みをやれば展示会はここまで変わる!

 

来場者の心理が分かれば、呼び込みは簡単!

 

最後に

 

皆さまが、展示会の当日までしっかりと準備できることは何か?

それは、ブースの場所に悩むことではありません。

 

他社よりも「注目度」を上げれば良いのです!

では、どうすれば注目度を上げることができるのか?

 

その答えが残りのSTEP②~STEP⑦になります!

7STEPをしっかりとマスターすれば、展示会に成功する確率は飛躍的にあがります!

現場で実践を重ねたやり方なので、是非参考にしてみて下さい。

 

今回で「STEP➀:展示ブースの場所は非常に大事」は終了です!

次回からは「STEP②:顧客価値を明確にしよう!」について書きます。

 

顧客価値が何故必要なの?

 

キャッチコピーの作り方をダウンロード

集客に繋がるキャッチコピーとは

キャッチコピーはプロのスキルが必要だと考えている方。展示会の集客に必要なコピーライティングは簡単に学べます。展示会前に是非一読して成果に繋げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です