成果を出すための目標設定方法

展示会の目標設定で成果が変わる

現場に何人のスタッフが必要なのか?

 

  • 展示会の目的は明確ですか?
  • KGIとKPIの違い
  • 人員配置でモチベーションUP!

 

前回は、展示会の目的について書きました。

展示会の目的に適しているのは、見込み客獲得です。

※展示会後のネクストアクションをしっかり行うのが条件です。

 

ここからは、「目標数値」の設定を行います。

「目標数値」をより実現可能性の高いものに近づけていかなければいけません。

そこで、KGI(Key Goal Indicator)とKPI(Key Performance Indicator)使います。

 

KGIとKPIの違い

 

プロセス管理を行うときに必ず出てくるのが、KGIとKPIです。

KGIとKPIをより分かりやすくするために、定義付けをします。

KGI:目的数値

KPI:目標数値

 

 

目的と目標何が違うのでしょうか?

仮に富士山に登るとします。

目的が山頂に登ることであれば、KGIは登頂することです。

目標とは、目的が実現可能性の高いように設定していくことです。

 

体力にめちゃくちゃ自信があって、高山病も平気な方は、一気に8合目まで登るプランを作るでしょう。

始めて登る人は、6合目で一泊し、2日目で8合目、3日目で登頂をめざすというプランが良いでしょう。

 

それぞれ、6合目、8合目にKPIを設定したとすると、そこに到達する時間が目標数値になります。

KPIの設定は、登山者の能力によって変化します。

KPIの設定を間違ってしまうと、途中で高山病にかかってしまい、目的を達成できないかもしれません。

 

KGIは最終ゴール、到達したい地点の明確化が目的。

KPIは、KGIの実現性を検証するための指標ととりあえずは覚えて下さい。

 

KGI、KPIそれぞれの設定方法を解説します。

 

KGIの設定方法

 

KGIの設定はどこをGoalにするかによって変わってきます。

先ほどの目的を、「無事下山すること」と設定したならば、山頂はKPIになります。

 

本質的に言えば、見込み客の獲得はKGIではなく、KPIなのかもしれません。

但し、ここでは、より実現性の高いKPIの設定のために、KGIを獲得名刺の数とします。

 

因みに、獲得名刺の定義は、説明をした後に獲得した名刺です。

バーコードリーダーで獲得した情報は含まれません。

 

獲得名刺の数(目的数値)は、下記の公式に当てはめて計算します。

 

小間のコスト  ÷  3250円

 

この計算方法は、簡易版です。

実際には下記条件を設定して目的数値を設定します。

  • ブース内で説明できる場所の数
  • 説明時間
  • 稼働率

2020年1月15日 追記

現在は有効名刺の目的数値を最初に設定しています。以下のポイントを加味しております。

  • 出展展示会の中にどの位ターゲット来場者がいるのか?
  • 小間位置から考えて、どの位の人がブースの前を通るのか?
  • 現場の説明員の数は常時何人いるのか?
  • 何枚の有効名刺を獲得できれば費用対効果が出せるのか?

 

 

4小間ブース(6m×6m)の場合は、615枚が目的数値になります。

 

 

KPIの設定方法

 

KPIの設定は、実現可能性を高めるために必要になります。

このKPIの設定が展示会において非常に難しいポイントになります。

 

簡易版で説明していきます。

KPIの設定は下記の順番で行います。

  1. プロセスの設定
  2. プロセスの歩留まり率の設定
  3. 目的数値から逆算する
  4. 実現可能性の検証

 

今回の予測では、実現可能性に以下の指標が使えます

  • 2845人声掛けできるかどうか?
  • 853人ブースに引き込むことができるか?
  • 853人デモを説明できるのか?

 

実現性の検証は、時間と人数で行います。

例えば、ブース内に853人引き込まなければいけないとすると・・

1日284名の呼び込み数が必要になります。

 

1日稼働が8時間とすると、1時間で35名呼び込みです。

1人当たり10分で呼び込み可能だとすると、6名の稼働人数が必要です。

 

常時6名の稼働で、目標数値が達成できることが分かりました。

ここで、呼び込み員が4名しかいない…とか、

説明員が1時間に35名対応できない…など、

実現可能性に黄色信号が灯ることがあります。

 

その時点で、どこかを変えなければいけません。

そうやって、プロセスを最適化していくことで、より当日のオペレーションをイメージしていきます。

 

KPIの設定を通して、実現可能性を検証することで、より具体的に現場で何をすべきかが明確になります。

 

目標設定をやっただけでは展示会は成功しない!?

 

ここまでやれば、展示会は成功するのでしょうか?

STEP➂は、ここで止めてはダメです。

 

更にもう一歩踏み込んでいきます!

 

次回は「人員配置でやることを明確化しよう!」について書きます。

呼び込みの役割と適正な数を把握して展示会を盛り上げよう!

 

【ウィズコロナ】リアル展示会の対応策をダウンロード

ウィズコロナの今できるリアル展示会対応策とは

ウィズコロナでリアル展示会に出展。不安がたくさんあると思います。今だからこそできる戦い方を紹介しています。
オンライン展示会の始め方ダウンロード

オンライン展示会の始め方

オンライン展示会の始め方ダウンロード

コロナの影響でオフラインの展示会が中止になっています。新しい施策としてオンライン展示会をやってみたいと思っている方向けに、ノウハウをまとめました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です