展示会の目的の「定義」を考え直してみませんか?

展示会の目的が間違っていると成果がでない・・

 

展示会に何故出展するのですか?

  1. 認知度向上
  2. 見込み客の獲得

この2つが主な目的になると思います。

 

展示会は多くの方が集まります。

確かに、認知度向上のチャンスですし、見込み客も一気に獲得できるかもしれません。

しかし、例えば「認知度」の定義を間違ってしまうと・・

 

「思った程の成果が得られない」という結果になってしまいます。

 

どうしてこのような結果を招いてしまうのでしょうか?

答えは展示会の現場にあるのです!

 

 

展示会を認知度向上の場として活用したい!

その目的を達成する為には、来場者の思考を知らなければいけません。

 

展示会場に行くと、1000を超えるブースが並んでいます。

1000あるブースの中で、来場者が覚えているブースはどのくらいあるでしょうか?

 

1日中展示会を周ったとしても、多くて10ブースくらいです。

瞬間的に目に入る情報は、記憶に残りません。

 

街中で好みのタイプの異性を見て「注意」が向いたとしても、その方をずっと覚えていることはないでしょう。

ただ見ただけでは、来場者の「認知度」を向上させることは難しいのです。

 

では、そもそも「認知」とはどういう状態のことを指すのでしょうか?

「認知度」の向上を目的とするのであれば、「認知」の定義をはっきりさせないといけません。

 

「認知」を理解するためには、その前段階である「注意」との違いを明確にしなければいけません。

「注意」と「認知」とは何が違うのでしょうか?

そのポイントを知っていれば、展示会で何をすべきなのかが明確になります。

 

上記の図は、同じ名刺獲得でも質が全然違うという話をまとめました。

  • コンパニオンがバーコードリーダーで情報をとっただけの来場者
  • ノベルティ欲しさにアンケートに答えてくれた方

 

このような「注意」段階での名刺獲得で展示会の成果を図っていませんか?

展示会の目的の「定義」の設定を見直すだけで、色んなことが変わります。

  • ブース設計のやり方
  • キャッチコピーの作り方
  • 人員がどのくらい必要か?
  • 展示会オペレーションの組み方 etc

 

展示会の目的は、非常に大切です!

目的の設定の仕方を間違ってしまうと、展示会は成功しません。

 

しかし、こういう場合もあります。

展示会の目的は、バッチリ!なのに、失敗してしまった・・

 

何故このようなことが起こるのでしょうか?

 

次回のブログでは、目的の設定とセットで考えないといけないことをまとめてみたいと思います。

 

【展示会の学校のご紹介】

展示会の学校では、展示会を営業の集客手段として、もっともっと活用できる企業が増えることを目的として、情報を発信しております。

 

展示会チェックシートを無料配布

展示会の準備期間が少ない方へ

展示会は、やることがたくさんあります。展示会当日になって「しまった!」と思うこと、山ほどあります!展示会チェックシートを無料で配布しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です