STEP➂-3:目標設定と人員配置~人員配置でモチベーションUP!~

目標設定と人員配置

 

  • 展示会の目的は明確ですか?
  • KGIとKPIの違い
  • 人員配置でモチベーションUP!

 

目標設定について、ここまでやるの?と思われたかもしれません。

企業を支援するときも、良く言われます(笑)

 

STEP➂:目標設定は、もう一歩突っこんでいきます!

展示会は、やり直しがきかない1回勝負です。

絶対失敗しないためにも、今回の話は非常に重要になります。

 

人員配置でモチベーションUP!

 

展示会は、色んな部署が一緒になって行います。

予算を出しているのは経営企画/マーケ部門で、実際に動くのは、営業や技術というのが良くあるパターン。

部署横断的な「事務局」が、全体を取り仕切ります。

 

「事務局」が中心になって、「目標設定」を行います。

経営企画/マーケ部が「目標設定」をする理由はシンプルです。

 

  • 費用対効果を知りたい

 

ある程度大きな費用をかけて、1発勝負の展示会に出展します。

ちゃんとした「目標設定」がないと、失敗しましたでは話になりません。

 

現場の営業マンや技術者にも、「目標設定」がシェアされます。

これだけの数値はやって下さい!という意味を込めて!

 

そして、そのまま当日を迎えるとどのようなことが起きるでしょうか?

 

展示会の現場は甘くない!

 

殆どの場合、現場は思ったように動けません。

  • 初日の午前中に全く人が集まらない・・
  • コンパニオンが集客できていない・・
  • ブースに人が立ち寄ってくれない・・

 

何が影響しているのでしょうか?

一言で言えば「不安」です。

「不安」という感情が、動きを止めるのです。

 

  • これだけのブースを用意しているのだから人は集まるでしょう!
  • コンパニオンがいれば、呼び込みは問題ないよ!
  • 自分は説明員だし、ブースに立っていれば問題ないよね

 

この様な心構えでは、あっという間に「不安」の波にさらわれてしまいます。

1度感情がマイナス方向に進みだしたら、3日間で挽回するのは非常に大変です。

 

この状況に何故陥ってしまうのでしょうか?

それは、きちんとした人員配置を行っていないからです。

 

展示会に必要な人員配置とは?

 

目標設定を行うときには、プロセスを作成します。

その時、呼び込み員と説明員に分かれることが多いです。

 

目標数値を設定すると分かりますが、展示会は呼び込み員がかなり必要です。

4小間ブースで設定した、前回の計算では、常時6名でした。

常時6名ということは、休憩も入れると8~10名は必要になります。

 

展示会における成功を左右する人員配置は、呼び込み員にかかっています。

まずは、呼び込み員に何人必要なのか?をはっきりさせなければいけません。

 

何も準備しなければ、自然とほぼ全員が説明員になります。

ブースの中で、黒いスーツを着た人が何人も立っているのを想像してください。

むしろ入りにくいブースではないですか?

 

完璧なブース設計をしたとしても、それだけで集客が見込めるほど、今の展示会は甘くないのです!

 

呼び込み員の数を確保しよう!

 

展示会に必要な人員配置はこれだけだと言っても過言ではありません。

呼び込み員の数を確保してください!

 

展示会開催前に「目標設定」をシェアした後、必ず呼び込み員の確保をして下さい!

因みに、すべてコンパニオンで賄うことはお勧めしません。

 

コンパニオンは、非常に武器になりますが、使い方を間違えると機能しません。

コンパニオンは、足を止めることに関しては、最強です!

但し、製品の説明が全くできません。

 

呼び込み員とコンパニオンが半々になるように設定するのがおすすめです。

コンパニオンが足を止めて、すぐさま呼び込み員がフォローします。

この辺りの話は、また別の機会にします。

 

展示会の学校がおすすめする最強パターン

 

弊社は、もう一歩進んで支援をしています。

それは、説明員も全員呼び込みができる状況を作ることです。

 

人員配置をして、役割分担はしていますが、呼び込み員が少なくなったときは、説明員がフォローします。

これには、2つの効果があります!

 

  1. 展示ブースに動きがでるので、活気があるように見える
  2. みんなが呼び込みをやれば、自然と仲間意識が芽生えて、モチベーションがあがる

 

展示会はコミュニケーションの場です。

結局は「モチベーション」の高いブースには人が集まります!

目標設定で終わりにせず、必ず呼び込み員を確保してください。

 

STEP➂「目標設定と人員配置」は以上となります!

次回からは、「ブース設計」の話となります。

 

【展示会の学校とは】

昨今注目度が高い展示会。

出展企業が増えていく中で、せっかくの出展が満足いかない結果に終わってしまうことも…

そんな悩みを抱えた企業を、連戦連勝させてきたノウハウをついに公開。

展示会という集客手段の支援を通して、日本を「元気」にすることが、「展示会の学校」のミッションです。

 

展示会成功7STEP

2017.02.28
展示会チェックシートを無料配布

展示会の準備期間が少ない方へ

展示会は、やることがたくさんあります。展示会当日になって「しまった!」と思うこと、山ほどあります!展示会チェックシートを無料で配布しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です