STEP➀-2:展示会ブースの場所は非常に重要~集客に有利な場所とは?~

展示会ブースの場所は非常に重要

 

  • 「注目合戦」は場所取りから始まっている
  • 集客に有利な場所とは?
  • 不利な場所になったとき、どうすれば良いの?

 

本日は、展示会成功7STEPの第2回目。

1回目は、「注目合戦」は場所取りから始まっているについて書きました。

では集客に有利な場所はどこなのでしょうか?

集客に有利な場所とは?

展示会ブースの場所のポイントは3つあります。

  1. 入口、出口
  2. メイン通路とサブ通路

 

1.入口、出口

 

「注目合戦」に勝つためには、多くの人が目の前を通る必要があります。

最も多く人が通る場所は、入口と出口です。

入口、出口付近は、良い場所です。

 

但し、1点注意点があります。

それは、入口、出口に近すぎるとマイナスになるということ。

 

【入口について】

来場者が展示会場に入ったとき、どこを見ているのでしょうか?

おそらく、全体を見回していると思います。

その時、入口に近いブースは、死角になってしまいます。

近すぎると目立ちません。

 

とくに、入口からサイドに狭い通路が用意されている設計の場合、入口すぐの横にあるブースは見えにくいです。

入口から2~3画目のブースが最も良い場所です。

 

【出口について】

殆どの展示会は入口と出口が一緒です。

たまに別にして動線を意識していることもありますが、稀だと思います。

 

出口近くも、多くの来場者が通ります。

但し、入口同様出口に近すぎる場合は注意が必要です。

何故なら、あと少しで出口と思うと、わざわざ立ち寄らなくてもよいという感情が芽生えるからです。

 

入口、出口ともに、2~3画目のブースが良い場所となります!

 

2.メイン通路とサブ通路

展示会には、メイン通路とサブ通路があります。

違いは、通路の幅です。

人は広い通路を好みます。

広い通路がよくあるのは、展示会の一番奥と側面、そして中央です。

 

サブ通路には、小間数の少ないブースが並ぶ傾向があります。

そうなると、目立たない上に人も通らない状況になります。

 

メイン通路とサブ通路は、場所を決定する際に必ず確認してください!

 

3.角

 

良い場所の最後は角です!

これは、当たり前に聞こえるかもしれませんが、その理由が重要です。

 

理由は2つあります。

  1. 来場者の視野に入る時間が長い
  2. 呼び込み員が動ける範囲が広い

 

来場者の視野に入る時間が長い

通路に面したブースは、来場者の視野に入る時間が極端に短くなります。

1小間ブースだと、約3秒くらい。

細かい文字で書いたパネルをいくつも並べているブースを見ますが、おそらく来場者には殆ど見えていないでしょう。

ブースデザインはあくまで、目立たせて注目してもらうためのもの。

 

そう考えると、角は来場者に見てもらえる時間が伸びます。

まず、縦面と横面、両方活用できる上に、さらに視野に入る時間も圧倒的に長い。

実際に展示会場に足を運んで、意識ながら見て頂くと良く分かると思います。

 

呼び込み員が動ける範囲が広い

何故角が良いのか?

その1番の理由は、使えるスペースの広さです。

小間の広さは出展者すべてが同じ条件です。

しかし、同じ条件でない部分があります。

それが、ブースの周りのスペースです。

 

今の展示会は事前集客が重要だと主催者は言います。

私もその通りだと思いますが、事前集客の見込み客が少ないから、展示会に出展するという出展者の意見もあると思います。

展示会はなんだかんだ言っても、現場で集客することも必要です。

 

事前集客が可能であれば、ブースの場所や大きさは関係ありません。

但し、事前集客が難しい場合は、現場で集客をしないといけないのです。

 

現場での集客とブース前のスペースの大きさは、非常に重要なポイントです。

展示会集客=目の前を通る人の数×注目度

スペースが広いということは、目の前を通る人の数が増えます。

更に、ブースを見てもらえる時間が長くなります。

さらに呼び込み員の活動範囲が拡がります!

 

角のポジションは、掛け算的に注目されやすくなります。

 

場所が思い通りに行かない場合はどうしたらいいの?

どこの場所が良いか、イメージできたでしょうか?

ポイントは3つでした。

  1. 入口、出口
  2. メイン通路とサブ通路

 

但し、どの企業も良い場所がとりたいのです。

おそらく何回も出展している企業は、場所の重要性は知っていると思います。

 

むしろ、知りたいのは場所が悪いときにどうすればよいか?ではないでしょうか。

安心して下さい!そのために「展示会の学校」があります!

 

次回は、不利な場所になった場合、どうしたらいいの?について書きます。

ピンチはチャンスです!必ず突破口はあります!

 

【展示会の学校とは】

昨今注目度が高い展示会。

出展企業が増えていく中で、せっかくの出展が満足いかない結果に終わってしまうことも…

そんな悩みを抱えた企業を、連戦連勝させてきたノウハウをついに公開。

展示会という集客手段の支援を通して、日本を「元気」にすることが、「展示会の学校」のミッションです。

 

展示会成功7STEP

2017.02.28
展示会チェックシートを無料配布

展示会の準備期間が少ない方へ

展示会は、やることがたくさんあります。展示会当日になって「しまった!」と思うこと、山ほどあります!展示会チェックシートを無料で配布しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です